実は女性の

90

気にしている

あのニオイ

自分が気になるだけでなく、彼氏からも“生臭いニオイがする”と指摘された経験がある女性もいるのではないでしょうか。女性なら知られたくないし、気になりますよね。

 
 

清潔にしているのになぜ?!

排出されたばかりの経血は無臭。なのに、
なぜ臭うのでしょう。

生理中のフェミニンゾーンは、おりもの、尿、汗、垢、経血などの付着物や、汗腺から分泌される脂肪やアンモニアなどが時間が経つにつれて酸化し、雑菌により分解されることで、強いニオイが発生するのです。
さらに、生理中はナプキンで覆われ、いつもよりムレやすくパンツやストッキングで長時間締め付けられると高温多湿な状態となり雑菌が繁殖しやすい環境を作り出してしまいます。
また、アンダーヘアの量が多かったり、長いと経血が付着しやすくなり、雑菌が増えやすくムレる環境を作ってしまうことも。

排出された直後は無臭でも

排出されたばかりの経血は無臭でも、尿、汗、垢、脂肪など、フェミニンゾーンのニオイの元となる物質は他にもあります。

時間の経過とともに雑菌が繁殖

時間の経過とともに排出された物質が酸化。雑菌が繁殖し、分解されることでニオイが発生します。

さらに、ムレにより環境が悪化

生理中はナプキンで覆われ、いつもより高温多湿な状態となるのでムレやすくなりフェミニンゾーンの環境が悪化します。

フェミニンゾーンの
環境を考えて
生まれた

デリケートな部分には、身体を洗う石鹸やボディソープと違いフェミニンゾーンの環境を考えたケアソープを

普段の石鹸では逆にトラブルも

膣内は常に弱酸性(pH4程)に保たれ、病原体や雑菌の侵入や繁殖を防いでいます。膣内はこの自浄作用で守られているのです。
ただし、生理中のフェミニンゾーンはムレやすく雑菌が繁殖しやすい環境になります。清潔に保つことでニオイは軽減できますが、皮膚が薄く粘膜も多いデリケートな部分なので、石鹸やボディソープを直接塗ったり、ゴシゴシと洗ってしまうと、刺激を感じたり、傷つけたり、お肌を守る「良い細菌」まで殺してしまいます。

顔や身体に使う石鹸やボディーソープ、洗顔料などで“ニキビを防ぐ”“殺菌”“消臭”などに効果がある「薬用」のモノは、フェミニンゾーンには強すぎて「良い細菌」まで殺してしまう事になります。
「女神の石けん」は“肌への負担”“落とし過ぎない”ことを考えて、薬用石鹸ではありません。
その分、天然由来成分をたっぷりと配合し、必要なモノは残しつつ、デリケートな部分を清潔に保ち潤いを与える、無添加の石けんです。

 
 

だから、

フェミニンケアソープを

 

マイクロシリカカプセル

植物由来成分の「ジャムウ」と「柿渋エキス」をカプセル化することで、洗う度にフレッシュなまま成分を肌に届けます。

フェミンゾーンが臭う状態

フェミンゾーンからニオイが発生している状態は、汚れや雑菌が繁殖しムレが生じて汗や垢などが交じることで、ますます臭う状態に

弱アルカリ性の泡で汚れスッキリ

マイクロシリカカプセルを含んだ弱アルカリ性の泡で、肌表面の汚れやニオイ物質をしっかり落とします。アルカリ成分は汚れと中和して肌表面に残りません。

新鮮なままカプセル化

洗う度にマイクロシリカカプセルから新鮮な「ジャムウ」と「柿渋」成分が放出されます。「柿渋」成分は汚れやニオイ物質とともに洗い流され、植物由来成分「ジャムウ」は肌に留まりうるおいを与えます。

弱アルカリ性

フェミニンケアソープ「女神の石けん」は“弱アルカリ性”です。
肌は弱酸性に保たれているためアルカリは肌に良くないと思われがちですが、石鹸に含まれるアルカリ成分は、汗や皮脂などの酸性物質に触れることで中和され、それに伴い洗浄力もなくなってきます。つまり、汚れや古い角質をしっかりと落とすことができ、肌表面に残留しにくい(肌への負担を軽減)のです。

アルカリ成分は、酸性物質(汚れ)に触れると、汚れに反応して「中和」します。「中和」された成分は汚れと一緒に落ちるため肌に残りにくいのです

ボディソープなどの「合成洗剤」は、しっかりと洗い流したつもりでもその成分が肌に残留しやすく、フェミニンゾーンのかゆみ、ムズつきなど、肌に悪影響を及ぼす原因にもなります。

 

ジャムウとは

「ジャムウ(JAMU)」とは、インドネシアに古来より伝わる植物の葉、種、果実、花、根を原料とした美容と健康のために調合されるハーブです。元々は宮廷に仕える女官達が「自らの体を磨く目的で発達したレシピ」がジャムウの起源と言われ、そのハーブを調合するレシピの数は数百種類にのぼります。インドネシアで伝統的に受け継がれてきたジャムウは美容と健康のためだけでなく「強力な媚薬」であるとも信じられ、ジャワの結婚式では、母親が娘に伝統的なジャムウのレシピを贈る風習があり女性達に代々受け継がれているのです。

 

アロマローズの香り

不快感から開放され、心と身体をリラックスさせるバスタイムにピッタリのアロマローズのやさしい香りが泡立ちと共に花開き、不快なニオイを抑えます。

 

「女神の石けん」にぬるま湯を少量ずつ加えながら手や泡立てネットを使いながら、たっぷりと泡立てます。

たっぷりの泡でやさしく、フェミンゾーンを前の方からおしりの方へ順に洗っていきます。その際に、擦らず、傷つけないよう注意してください。

弱めのシャワーですすぎ、泡が残らないように洗い流してください。
流し終わったら、乾いたタオルで擦らず、押さえるようにして水分を吸い取ってください。

汗ばむ季節やニオイが強いと感じる時は泡パックがオススメ。
たっぷりの泡でフェミニンゾーンを覆うようにパックし、3~5分程度放置します。その後、泡が残らないように洗い流してください。

しっかり洗うのは大切ですが、膣内まで指を入れて洗う必要はありません。膣内は常にpH4程の弱酸性に保たれ、病原体や雑菌の侵入や繁殖を防いでいますので、中まで洗ってしまうと、pH値が低下してしまい膣炎などを誘発する事もありますのでご注意ください。

 

生理中の気になるニオイに

Copyright (C) 2009 Brain Cosmos Co.,Ltd. All rights reserved